トレードしていくための講座

更に、トレードを理解していく為に

Please have a look

これまで投資における正しい知識をお届けしましたが、投資はギャンブルではなく、リスクをコントロールすることができるとご理解いただけましたでしょうか?
Control risk
The right knowledge

ポジションを保有する期間で相場図がわかりやすい

まず「自分がどんなペースで取引したいのか」を考える。一口にFXといっても、その取引のペースはさまざまです。

1日で売買を終わらせるデイトレードに数週間に及ぶ中期的なトレンド、更に長い数年保有型の長期トレンドなど、

人により取引の頻度は様々です。

つまり、自分がどんなペースで取引しようとしているのか、を自覚することが大切なのです。

スキャルピング

数秒から数分単位の非常に短い時間の値動きをとらえて超短期の売買を繰り返す

デイトレード

東京市場からロンドン市場を経てニューヨーク市場に至る1日の値動きの中で取引する

スイングトレード

数日から数週間程度の中期的な波を狙う

      保有期間

スキャルピング

数秒から数分の取引

高ればレバレッジをかけて、短時間の小さいpipsを狙う

利益幅、損切り幅が狭い為、スプレッドが重要視してくる

初心者には不向き

デイトレード

一日で新規注文から決済を終わらせる

マルチタイムなどの分析をして小さい値動きを狙うことも可能

スキャルピングよりは保有時間が長く、もっと大きい値動きを捉えるのが一般的

初級者から上級者向き

スイングトレード

数日から数週間の取引

基本は4時間足や日足などをベースに取引を行っていく


デイトレードより保有期間が長く数か月のポジションサイズになる事もある

初心者向き


      難易度

1. 
資金量に合わせて投資する方法を決める

投資には様々な種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまうかと思われます。鉄則として、ご自身の資金量を遥かに上回りそうな投資は避け、ご自身の資金量に合わせた投資法を選びましょう。

少額資金から始めるのであれば、レバレッジの効くFXが
最適です。

2.FXで取引を行う方法

FXの市場は土日以外は24時間稼働している為、平日はいつでも取引ができます。短期売買から長期保有まで様々な用途で取引が可能です。扱える通貨ペアは各証券会社によって異なりますが、主にメジャー通貨、マイナー通貨があります。

3.デモトレードで感覚を掴む

FXのデモトレードでは、実際の資金を使用せず、仮想的にトレードを行うことができます。デモトレードを行うことで、実際のトレードを擬似的に体験できますので資金管理などの感覚を養う上で非常に効果的です。いきなり実際のトレードを行うのではなく、デモトレードでFX取引の感覚を掴むようにしましょう。

FXトレードしていくための実践講座

images

1.テクニカル指標を有効に使う

fxトレードではテクニカル指標とファンダメンタルズ指標があります。 どちらがいいとは、一概には言えませんが、それらの指標を使う事でトレードをより優位に行う事ができ、補助とになります。

45732599 - stock exchange background

2.方向は予め定めておく

fxトレードでは、買いと、売りがあります。 fxの取引は、対国の通貨なので、媒体の規模が非常に大きいです。カバー先も豊富な為、買いたい時にかえない、売りたい時にうれない、というのは起こりません。 予め方向性を決めておく事で売買を厳選する事ができます。

images (2)

3. レバレッジの計算を理解し正しい掛け方を学ぶ

一般的にはレバレッジとはテコの作用のことで少ない資金で大きな金額の取引ができることをいいます。 FXだけではなく、その他の金融商品や不動産業界でも 良く使われる表現ですが、レバレッジをかけられることはFXの特徴です。 しかしながら、レバレッジのかけ方で利益も損出も大きくなるので、 自己責任で自分にあった額で取引する事を肝に銘じ、 取引スタイルによってはハイリスク・ハイリターン商品になることを認識しておきましょう。

images10

4.時間足を有効的に使う

よく耳にするマルチタイムでの分析はやはりトレードでは有効な手段です。 値が動く(上下している)プロセスの中では様々な時間軸が混同している為、 チャートに慣れていないと戸惑う方もいるかと思いますが、きちんと体得すれば、有効な武器になります。

aa (2)

5.多勢の意見はなるべく左右されないようにする

fxは当然マネーの世界なので、日々ニュースや新聞、その他の情報源、賛否両論で様々な見解があり、 それらに自分がマインドされないようしていく事が大事です。 自分が勝った時には、そこには損失をだしている人がいます。 負けた時は、その逆という事です。 経済ニュース等、ファンダメンタルズの要素はすべて織り込まれてのチャートという事を念頭に置いて起きましょう。

bbb (1)

6.メンタルの要素

トレードに100%はありません『何事も起こりうる』のが相場です。チャート分析の能力はモチロン大事ですが、それは上か下かの確率を高める程度のものでしかありません。勝ち続けるためには、この不確実性の世界を『どう意識するか』が重要になります。 初心者の方や、まだ不慣れな方は、トレードの負担に慣れていない為、かなりの精神負荷がかかります。 まず、トレードに対するタフさを鍛える事も重要です。

メンタルの要素についてもう少し

日々のトレードにおいて、非常に重要な要素である、メンタルについてもう少し掘り下げていきましょう。まだ不慣れな方は、テクニカルや手法などを先行するのは重々わかるのですが、中級者の方でも以外と軽視しがちなのが、やはりメンタルの部分です。トレードでいうメンタルとは、

(損切り)が続いたとしても、平然としていられる忍耐です。

誰だって、投資を始めたばかりの時は損する事を嫌がるのは当たり前の事です。自分の意と逆行してしまった時は、損切りするのは鉄則(当たり前)の事ですが、それが4連敗、5連敗など続いた時は、もうトレードなんてする気も無くしてしまいよね。

ここで言うメンタルとは、その一時の間に、負けが続いた、勝ちが続いた、これらの感情の起伏をなるべく少さくするという事(トレードの起伏に慣れる)という事です。他の教材を非難するつもりはありませんが、トレードは負けが続いたらそこでやめたらいい、など書いてあるのを度々お見受けしますが、例えば、仕事で失敗が続いて落ち込んでいる時に、辞めればいい、休めばいい、なんていきませんよね。トレードも同じで、それでもバッターボックスに立ち続けられるように、精神状態をトレードに慣れさせていく事が非常に大事です。ここで書くのも難ですが、トレードは至難の道のりです。
損切りに慣れる、一時の損をする事を、自分が理解して、それを最初から織り込んで
受け入れなければなりません。

逆に全く損をする要素をださないで、ただ儲けたい、勝ちたい、というのは、

それこれが不可能です。

損をする要素を全く露室しないという事は、それはかなり無難なトレードと言い換える

事もできます。負けにくいかもしれないですが、勝ちもないという事です。

或いは、ただ上がりそう、という自己暗示のような、放置(保有)もダメです。

トレードは計画的に構築されて初めてプラス収益となっていきます。まだトレードに慣れていない方や、結果がついてこない方は、是非、このメンタルや考え方についてもう一度お改めください。

簡単にご説明しましたが、上に記載した内容をぜひ実際に行ってみて

投資家としての一歩を少しずつでも踏み出してください。

投資で利益を出し続ける人と損失ばかりが大きくなってしまう人の特徴として

長期的に考える人の方が最終的な利益は大きくなる傾向にあります。

たとえば最初の1週間で連続で負けてしまい、FXでは利益を上げることは不可能だと考えてしまうと、

そこから先のプラスになる可能性を逃してしまいます。

長期的な視野を持ち、トレードしていくことで1ヶ月間の利益は最終的にプラスになるような人が多いのも事実です。逆に、損失ばかり大きくなってしまう人は、短絡的に考えてしまい安直な利益話に乗ってしまったり、投資をギャンブル的に考える人はそのようになってしまう傾向にあります。

一流の投資家になるために、長期的な視野で物事を考えて継続的な学習と経験を

積み上げていくことがとても大切です。

9l_326fiszk-luca-bravo.jpg

Our story

Our Content Collection

Trade World’s Markets with

As your best trade is realized.